【WTCC 第6戦】ホンダ、レース1でミケリス選手が3位フィニッシュ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ガブリエーレ・タルクィーニ選手
  • ガブリエーレ・タルクィーニ選手
  • ガブリエーレ・タルクィーニ選手
  • ガブリエーレ・タルクィーニ選手
  • ガブリエーレ・タルクィーニ選手
  • ガブリエーレ・タルクィーニ選手
  • ガブリエーレ・タルクィーニ選手
  • ティアゴ・モンテイロ選手
  • ティアゴ・モンテイロ選手
世界ツーリングカー選手権(WTCC)第6戦が6月9日、ロシアのモスクワ・レースウェイで開催された。

Castrol Honda World Touring Car Teamは、前日の予選終了後、電装系のトラブルによって、水温の上がったティアゴ・モンテイロ選手のマシンのエンジン交換を行った。これにより、モンテイロ選手はグリッドダウンとなり、レース1では21番手からのスタートとなった。ホンダ シビック WTCCは、Zengo Motorsportのノルベルト・ミケリス選手が4番手、ガブリエーレ・タルクィーニ選手(Castrol Honda World Touring Car Team)が5番手からのスタートで、13周のレース1を迎えた。

レース1では、オープニングラップにミケリス選手がポジションを3番手に上げ、タルクィーニ選手は、1つポジションを落とし6番手となった。モンテイロ選手は直前で発生したクラッシュを避け、15番手にポジションを上げる。

オープニングラップの第1コーナーで発生した多重クラッシュによって、1周目が終了した時点で、セーフティカーがコースイン。そのあとの2周は、セーフティカーに先導されての走行が続いたが、レスキューカーのトラブルによって赤旗が提示され、レースは中断された。

約20分間の中断のあと、セーフティカーの先導でレースが再開され、残り10周の戦いがスタート。3番手のミケリス選手、6番手のタルクィーニ選手は、それぞれのポジションを守りきり、トータル15周のチェッカーを受けた。モンテイロ選手は、レース再開後、2台をパスして13位でレース1を終えたが、上位1台のペナルティによるグリッド降格があったため、12位となった。

レース2はリバースグリッドにより、タルクィーニ選手が5番手、ミケリス選手が6番手、モンテイロ選手が18番手からのスタートとなった。好スタートを決めたタルクィーニ選手は3番手にポジションアップ。1周目からタルクィーニ選手を先頭に5台による激しい3番手争いが展開される。2周目の最終コーナーから3周目の第1コーナーにかけて、争いは激しさを増して2台が接触。これを避けたタルクィーニ選手は、大きくポジションを落として、8番手となった。一方、このアクシデントをうまく避けたミケリス選手は、9番手から6番手に浮上。そのあと、レース中盤から終盤にかけて、上位陣は激しいポジション争いを繰り返す。ミケリス選手、タルクィーニ選手は、ポジションを守りながら接近戦を戦い、ミケリス選手が5位、タルクィーニ選手が7位、モンテイロ選手はスタートから追い上げをみせ、12位でフィニッシュした。

シリーズポイントはタルクィーニ選手が133ポイントでランキング2位をキープ。ミケリス選手は90ポイントで6位にランクアップし、モンテイロ選手は60ポイントで11位となった。ホンダはマニュファクチャラーズポイントを509に伸ばし、1位をキープしている。

■レース1
1位:イヴァン・ミュラー シボレー
2位:トム・コロネル BMW
3位:ノルベルト・ミケリス ホンダ
4位:ロブ・ハフ セアト
5位:ジェームス・トンプソン ラーダ
6位:ガブリエーレ・タルクィーニ ホンダ

■レース2
1位:ミシェル・ニュケア シボレー
2位:イヴァン・ミュラー シボレー
3位:ロブ・ハフ セアト
4位:ペペ・オリオラ セアト
5位:ノルベルト・ミケリス ホンダ
6位:トム・チルトン シボレー

■ポイントスタンディング
1位:イヴァン・ミュラー シボレー 246P
2位:ガブリエーレ・タルクィーニ ホンダ 133P
3位:ミシェル・ニュケア シボレー 127P
4位:ジェイムズ・ナッシュ シボレー 111P
5位:ロブ・ハフ セアト 107P
6位:ノルベルト・ミケリス ホンダ 90P

■マニュファクチャラー
1位 ホンダ 509P
2位 ラーダ 283P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集