【NASCAR】アルメンディンガーがラボンテの代わりにスプリントカップの5レースに出場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

A.J.アルメンディンガー
  • A.J.アルメンディンガー
  • A.J.アルメンディンガー
  • A.J.アルメンディンガー
  • A.J.アルメンディンガー
  • フェニックス・レーシング(A.J.アルメンディンガー)
  • フェニックス・レーシング(A.J.アルメンディンガー)
NASCARは6月8日、A.J.アルメンディンガーがJTGドハティ・レーシングのNo.47トヨタカムリのシートを、ボビー・ラボンテとスプリントカップのシーズンの残りの間にシェアすることを明らかにした。

アルメンディンガーは今年、フェニックス・レーシングからNASCARのイベントでドライブし、JTGからは次の土曜日にミシガン・インターナショナル・スピードウェイで行われる、クイッケン・ローンズ400のレースにエントリーすることとなる。

JTGドハティはアルメンディンガーがこれから先に向けて、ジェネレーション6の車へのアプローチに磨きをかける手助けをしてくれることを期待している。

「単独車両のチームは、我々が毎週末に競争する全ての複数車両オペレーションのようなベンチマークキングの機能を持っていない。アルメンディンガーのチームへの合流は、我々の車がどこに位置しているのかを確認することの助けとなり、我々の次の世代の車のデザインの仕事をすることができる」とJTGドハティ・レーシングの競技ディレクター、ボビー・ハッチェン氏は語った。

最近ペンスキー・レーシングとNASCARネーションワイドシリーズの2つのレースに参加する合意をし、ペンスキーのインディーカーチームの車を運転しているアルメンディンガーは、JTGドハティチームのアシストをすることに自信を持っている。

「僕は今年、フェニックス・レーシングの為に幾つかのレースをして、JTGドハティ・レーシングに、良い比較を提供することができることに自信を感じている。チームとボビー(ラボンテ)と一緒に働くこの機会を有難く思っている」とアルメンディンガーは語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集