【INDYCAR 第8戦】オーバルコースでのレース、マシンとドライバーへの負担はどれほどか

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

テキサス・モーター・スポーツウェイのハイバンク
  • テキサス・モーター・スポーツウェイのハイバンク
  • テキサス・モーター・スポーツウェイのハイバンク
  • テキサス・モーター・スポーツウェイのハイバンク
インディカーは6月7日、ハイバンクを持つテキサス・モーター・スピードウェイで6月8日に行われるファイアストーン550レースのスピードとバンクの効果、ドライバーが肉体的に受ける負担について解説したESPNの番組に関する記事を公開した。

平均速度215マイル/時、1.5マイルのテキサス・モーター・スピードウェイは最も速いインディカーサーキットとして知られる。そしてそのスピードの高さの理由は、急勾配のバンクを持ったコーナーである。

通常、車はフラットなコーナーで150マイル/時以上で走行するとグリップを失ってしまうが、24度の角度を持つテキサス・モーター・スピードウェイのターンは、インディカーのサーキットの中で一番の急勾配を持ち、同じ半径を持つコーナーでフラットなものに比べて75パーセント速いスピードで曲がることができる。この為、テキサスでは全てのターンを200マイル以上のスピードで通過することとなる。

ターンの途中でドライバーは最高4G以上のGフォースを受け、ドライバーは4つのボーリングのボールの重さに匹敵する首にかかる負担に耐えなければならない。このGフォースは頭部への血行を減少させ、脳に行き渡る酸素の不足から視界が暗くなったりぼんやりしたり、視野の周辺部が見えなくなったりといった症状を引き起こす。ファイアストーン550レースの間にドライバー達は30分以上の4Gを経験し、心臓の拍動はマラソンランナーと同じペースを保ち続ける。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集