【株価】マツダが大幅続落…マレーシア生産体制強化策発表も円高ユーロ安を嫌気

自動車 ビジネス 株価

車両組立工場の完成予想図
  • 車両組立工場の完成予想図
全体相場は続落。

寄り付き後1万3000円水準での動きが続き、一時152円高まで切り返す場面も。しかし、円の強含みを嫌気し、引けにかけて値を崩す展開となった。

平均株価は前日比110円85銭安の1万2904円02銭と続落。終値ベースでは4月5日以来約2カ月ぶりに1万3000円台を割り込んだ。

自動車株は全面安。

トヨタ自動車が90円安の5640円と続落。

ホンダが35円安の3635円、日産自動車が27円安の1030円と続落。

マツダが16円安の349円と大幅続落。前日マレーシアでの生産体制強化策を発表したが、円高ユーロ安を嫌気した売りに押された。

いすゞ自動車も18円安の770円と反落。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集