【リコール】トヨタ プリウス など2車種、制動力が低下するおそれ 11.7万台

自動車 ビジネス 国内マーケット

改善箇所
  • 改善箇所
トヨタ自動車は6月5日、『プリウス』とレクサス『HS250h』2車種のアキュームレータ(蓄圧器)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2009年3月23日~同年10月16日に製作された11万6994台。

電子制御ブレーキシステムの蓄圧容器に疲労亀裂が入り、容器内のブレーキフルードに窒素ガスが侵入してブレーキペダルの踏みしろが増加し、制動力が低下するおそれがある。

全車両、アキュームレータを確認し、該当するものは対策品のアキュームレータが組み込まれたブレーキブースタポンプと交換する。

不具合発生件数は49件で、市場からの情報で発見した。

事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集