ジェイテクト、中国軸受工場を移転…品質と生産性、コスト競争力を向上

自動車 ビジネス 企業動向

WKB外観
  • WKB外観
  • KNBW外観
ジェイテクトの中国軸受製造子会社、無錫光洋軸承(WKB)と光洋滾針軸承無錫(KNBW)は、無錫市の工場が再開発対象地域となったため、近隣のフータイ工業園へ移転し、開所式を行った。

今回の工場移転に伴い、WKBとKNBWは、設備を更新するとともに、生産ラインを見直し、生産性と品質の向上を図った。

WKBは、今回の移転で、主力製品である小型玉軸受の生産設備の一部を更新するとともに、品質の向上を図る。物流面でも、ラインやストアの集約により、工場内の物流効率を高めた。高度排水処理装置を設置するなど、環境面に配慮した工場とした。

KNBWは、今回の移転により、従来海外生産品を輸入していたロッカーアームの生産ラインを新設し、コスト競争力の向上を図った。

今後も現地生産比率を増やし、2014年には、現地生産量を2012年と比べて約3倍に引き上げる計画。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集