エアバス、最新の製品をパリ航空ショーで展示

航空 エンタメ・イベント

A350 XWBのコクピット
  • A350 XWBのコクピット
  • A350 XWBのキャビン
  • A350 XWBのキャビン
  • A350 XWB
エアバスは6月3日、6月17日から23日の間に催される第50回国際パリ航空ショーで、同社の商用及び軍用の製品を展示することを発表した。

EADSグループの技術革新が展示されると共に、専門家が質問に応じる為に手配される。ショーを通してEADSの人的資源の専門家がキャリアの為のワークショップやイベントが、生徒や航空宇宙産業で将来を考えている参加者の為に催される。

フランス空軍に近々納入予定のA400Mや、ブリティッシュ・エアウェイズに納入される初のA380がショーの最初の数日間にセンターステージに立つこととなり、週の終わりにはエアバス独自のフライトテストが行われる。

シャークレットを装備したA320やA330を含む商用航空機や、エアバス・ミリタリーC295などがショーの間に顧客に納入される。全てのビジネスジェット機の中で、最も幅広く高さのあるキャビンを持つエアバスACJ318もディスプレイされる予定である。

フルサイズのA350 XWBのコクピットとキャビンの一部分が、EADSのパビリオン(ROW A)でウォークスルーすることが可能である。新しいエンジンの最新の開発状況は「オルタネイティヴ・フューエルズ」パビリオン(Hall 1 - Stand D)で見ることができ、さらにEADSグループの幅広い製品の現行モデルはEADSスタンド(Hall 2A - Rotonde)にて展示されることとなる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集