アジア初開催のFMX「X-Fighters」、東野貴行が日本人初勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

モンスターエナジーがサポートする大阪出身のライダー 東野“TAKA”貴行
  • モンスターエナジーがサポートする大阪出身のライダー 東野“TAKA”貴行
6月1日、フリースタイル・モトクロスの世界ツアー大会「X-Fighters」が、大阪城公園 西の丸庭園にてアジアで初めて開催された。

1万1000人の観衆が見つめる中、モンスターエナジーがサポートする大阪出身のライダー 東野“TAKA”貴行が、日本人として初めて「X-Fighters」での優勝を果たした。また、同じくモンスターエナジーがサポートする、アメリカのアダム・ジョーンズも、3位に入賞した。

決勝戦で東野は、ロックソリッド・バックフリップ(バック転の途中で両手を離し宙を舞う技)を成功させるなど、バリエーション豊かなライディングを披露した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース