【INDYCAR 第7戦】2日目、パジェノーが混戦を制す…琢磨はクラッシュでリタイア

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

サイモン・パジェノ
  • サイモン・パジェノ
  • サイモン・パジェノ
  • ジェイムズ・ジェイクス
  • マイク・コンウェイ
  • 佐藤琢磨
  • チャーリー・キンボールとマルコ・アンドレッティ
デトロイトのベル・アイル・パーク市街地コースで行われたインディカーのダブルヘッダー・レースの2日目は、シュミット・ハミルトン・HPモータースポーツのNo.77の車を運転するフランス人ドライバーのサイモン・パジェノーが勝利した。

混戦と表するのに相応しいレースは、多くのドライバー達を単独または多重のアクシデントで失うと共に、多くのピットストップを繰り返し、ドライバー達にとって速く走ることよりもサバイバルが最重要の課題だった。

「最後の2ラップはコクピットの中で色々な事が起こった。全く信じられない。僕達がどうやって勝てたのかわからない。実に素晴らしいフィーリングだ。僕にとって念願の勝利だった」と勝利したパジェノーは語った。

「彼は使命を抱えてドライブしていた。彼はこの勝利を貪欲に望んでいた」とパジェノの所属するチームの共同オーナーのサム・シュミットは語った。

ジェイムズ・ジェイクスは追いすがるマイク・コンウェイを0.4342秒差で抑え切り、今季最高の2位でフィニッシュした。

ダブルヘッダー・レースの1日目に勝利したデール・コイン・レーシングのマイク・コンウェイは、第44ラップでディフェンディングチャンピオンのライアン・ハンター=レイを交わして一時期はリードを奪ったが、ピットストップの間にパジェノとジェイクスにリードを譲り、レースを3位でフィニッシュすることとなった。

ホンダエンジンはこのレースで1位から5位を独占する結果となった。

尚、佐藤琢磨は第24ラップの第3ターンでトリスタン・ヴォーティエと軽く接触し、そのままタイヤバリアに突っ込んでレースを終えた。

シボレー・インディデュアル・イン・デトロイト第2日目結果

1. サイモン・パジェノ(ホンダ)
2. ジェームズ・ジェイクス(ホンダ)
3. マイク・コンウェイ(ホンダ)
4. スコット・ディクソン(ホンダ)
5. ダリオ・フランキッティ(ホンダ)
6. マルコ・アンドレッティ(シボレー)
7. チャーリー・キンボール(ホンダ)
8. エリオ・カストロネベス(シボレー)
9. グラハム・レイホール(ホンダ)
10. セバスチャン・サーベドラ(シボレー)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集