【INDYCAR 第6戦】ダリオ・フランキッティがポール獲得、琢磨は予選8位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ダリオ・フランキッティ
  • ダリオ・フランキッティ
  • ダリオ・フランキッティ
  • マイク・コンウェイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • 佐藤琢磨
  • 佐藤琢磨
インディカーは5月31日、デトロイトのベル・アイル・パークで行われたシボレー・インディデュアル・イン・デトロイトの予選でチップ・ガナッシ・レーシングのダリオ・フランキッティが1分19秒3311のラップタイムでポールポジションを獲得したことを伝えた。

フランキッティは予選で最高タイムを記録したことでポイントと賞金を獲得したが、インディアナポリスでのエンジン変更のペナルティの為、6月1日のレースは11番手からスタートすることとなる。

「第1予選を通過するのに長い時間を要したと思う。今朝のプラクティスでは4ラップしか走れなかった。最初のセッションで雨が降って面白くなり、その中を走った後に予選の終盤では路面が乾いた状態で完全に走行するといった風に、僕達は全てのコンディションを体験した。エンジニアのグループに感謝しなくてはいけない。僕達はインディアナポリスでタフなレースを経験したが、ここでポールを獲れたことは素晴らしかった。10スポットのペナルティーを受けたが、その位置から僕はベストを尽くすつもりだ」とフランキッティは語った。

E.J.ヴィソが1分19秒5572のラップタイムで2位となり、このレースからデール・コイン・レーシングに合流したマイク・コンウェイが3番手のグリッドを獲得し、フロントローに並ぶこととなった。

インディアナポリスでの不正なエンジン交換の為に、10グリッドのペナルティを受けるのはダリオ・フランキッティの他に、チャーリー・キンボール、ジョセフ・ニューガーデン、グラハム・レイホールの3人である。

なお佐藤琢磨は予選を8位で通過した。

シボレー・インディデュアル・イン・デトロイト予選1日目の結果

1. ダリオ・フランキッティ(ホンダ)
2. E.J.ヴィソ(シボレー)
3. マイク・コンウェイ(ホンダ)
4. ジェイムズ・ジェイクス(ホンダ)
5. ライアン・ハンター=レイ(シボレー)
6. アレックス・タグリアー二(ホンダ)
7. トリスタン・ヴォーティエ(ホンダ)
8. 佐藤琢磨(ホンダ)
9. サイモン・パジェノ(ホンダ)
10. ウィル・パワー(シボレー)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集