JR東海、5月の新幹線「のぞみ」輸送実績4%増と好調

鉄道 企業動向

東京駅の東海道新幹線ホーム。5月1~28日の「のぞみ」利用人数は前年に比べ4%の増加となった。
  • 東京駅の東海道新幹線ホーム。5月1~28日の「のぞみ」利用人数は前年に比べ4%の増加となった。
  • 新横浜駅を通過するN700系「のぞみ」。
JR東海が発表した輸送実績によると、5月1日から28日までの新幹線の利用人数は前年同期比3%増と好調だった。

ゴールデンウィーク期間中の利用が好調だったことから、「のぞみ」は同4%増と伸びた。「ひかり」は同3%増、「こだま」は同2%増。在来線は特急が同4%増と高い伸び率となった。名古屋近郊では同2%増だった。

4月の新幹線利用実績は同3%増だった。内訳は「のぞみ」が同2%増、「ひかり」が同3%増、「こだま」が同3%増。在来線は特急が同1%増、名古屋近郊が同2%増となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集