GSユアサ、ベトナム子会社の二輪車用鉛蓄電池生産能力を倍増

モーターサイクル 企業動向

GSバッテリー ベトナム
  • GSバッテリー ベトナム
GSユアサのベトナム子会社であるGSバッテリー ベトナム(GSV)社は、二輪車用鉛蓄電池の新組立工場用地を確保、生産能力を倍増すると発表した。

2011年以降、ベトナムの経済成長は鈍化しているが、二輪車の普及は衰えることなく、特に取り換え用電池を販売する補修市場は、安定した成長を続けている。

GSV社は、2012年における二輪車用鉛蓄電池のベトナム国内販売数量は580万個、シェアはトップの60%を確保しているが、今後も販売個数の増加が見込まれる二輪車用鉛蓄電池の需要に対応するため、ベトナム・シンガポール工業団地内に約2万平米の土地と約7500平米の建屋を購入。2013年内の稼働を目指し、新組立工場を建設し、二輪車用鉛蓄電池の生産能力を現状の約600万個から2017年までに約1300万個まで順次拡大していく。

なお、増産に伴う設備投資額は2017年までに総額15億円程度となる見込み。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集