カロッツェリア 新サイバーナビを発表、新情報共有サービス「スマートループ アイ」に対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
カロッツェリア・新サイバーナビ
  • カロッツェリア・新サイバーナビ
  • カロッツェリア・新サイバーナビ
パイオニアは、カロッツェリア サイバーナビの新機種7モデルを発表、6月上旬より販売を開始する。

新サイバーナビは、通信を使った「スマートループ プローブ情報システム」と、車載カメラを使った、ユーザーからの画像情報を組み合わせた新しい情報共有サービス「スマートループ アイ」に対応。クルーズスカウターユニットと通信モジュールにより、交通状況などを画像情報(静止画)として自動的に収集・配信し、ドライバー間で共有できるため、交通状況などをリアルな画像で確認し、安心で快適なドライブを楽しむことができる。

新製品は、目の前の風景に情報を重ねて表示する「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニット」に対応。ドライバーは必要な情報を瞬時に把握でき、視線移動や遠近の焦点合わせの負荷も軽減される。また、運転に必要な情報を、AR情報として実写映像に重ねて表示する「ARスカウターモード」の検知性能を向上させるとともに、「横断歩道予告検知表示」機能を新たに搭載。さらに、新機能であるオンライン検索「フリーワード音声検索」では、複雑な入力操作をすることなく、思いついたキーワードを発話するだけで、施設などを手軽に検索できる。

価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集