JAL、6月1日から787型機の運航再開へ…成田~ヘルシンキを7月1日就航

航空 企業動向
日本航空(JAL)グループは、ボーイング787-8型機の運航を再開できる見通しとなったことから、6月1日以降の運航計画を発表した。

運航を停止していた787-8型機は、バッテリーの改修作業を実施して、安全性・信頼性を確認し、万全の準備を整えた上で、6月1日から順次既存の運航路線に投入する計画だ。

787型機を使用できないことから一部減便していた成田~ボストン線、成田~サンディエゴ線をデイリー運航にし、開設を延期していた成田~ヘルシンキ線は、7月1日からデイリー運航で開設する。

成田/羽田~シンガポール線、羽田~北京線で6月1日から、成田~デリー線で7月12日から、成田~モスクワ線、羽田~サンフランシスコ線で9月1日から、成田~シドニー線で12月1日から、成田~バンコク線で12月2日から、それぞれ787-8型機を投入する。

また、需要が旺盛なバンコク線、ホノルル線は、投入機材をボーイング767型機からボーイング777-200ER型機に大型化し、需要動向に合わせきめ細かい需給調整を行い収益性の向上を図る。

成田~北京線は、需要が低迷しているため、6月1日から7月5日まで週14便から週7便に減便する。

一方、同社では、2013年度は中期経営計画で目標としている「顧客満足No.1」を目指し、商品改善を積極的に進める。欧米路線へボーイング777-300ER型機「スカイスイート777」を投入するほか、787-8型機、777-200ER型機を活用した欧米線、ホノルル線、バンコク線(成田/羽田発着)の座席など、商品を刷新する。2013年度上期中には国際線全路線で個人用テレビを装着した機材を投入、乗客の快適性向上を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース