プジョー 208 T16、パイクスピーク参戦マシン発表…24年ぶりの復帰

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
  • プジョー 208 T16 パイクスピーク
フランスの自動車大手、プジョーは4月15日、米国コロラド州で6月末に開催されるパイクスピーク国際ヒルクライムに参戦するプジョー『208 T16 パイクスピーク』を公式発表した。

プジョーは1988-1989年、パイクスピーク国際ヒルクライムに参戦し、勝利を挙げた。プジョーにとっては、24年ぶりの同レース復帰となる。

208 T16 パイクスピークは、プジョー『208』をベースに、プジョースポールがパイクスピーク用に開発したレーシングカー。プジョーは2013年の同レースの最高峰、改造無制限クラスに、この208 T16パイクスピークでエントリー。ドライバーには、WRC(世界ラリー選手権)の王者、セバスチャン・ローブ選手を起用する。

208 T16パイクスピークに関して、プジョーは搭載エンジンなどの詳細を明らかにしていない。大型リアウイングやディフューザー、フロントスポイラーなどを追加し、エアロダイナミクス性能を向上。カーボンファイバー製ボディは、前後のフェンダーが大きく拡幅されている。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで、1916年から開催されており、世界で最も有名なヒルクライムレース。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。標高はスタート地点が2800mで、ゴール地点が4300m。標高差1500m、コーナー数156、コース後半の路面は未舗装路で、ゴール付近では標高の高さに起因する酸素不足により、パワーが約30%ダウンするという過酷なモータースポーツ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • WRC王者ローブが欧州FIA GT選手権の開幕戦を制す 画像 WRC王者ローブが欧州FIA GT選手権の開幕戦を制す
  • 【パイクスピークス13】モンスター田嶋「テストも順調、今年こそ優勝できる」 画像 【パイクスピークス13】モンスター田嶋「テストも順調、今年こそ優勝できる」
  • パイクス挑戦の成功と課題がEV開発の足跡に…モンスター田嶋 語る 画像 パイクス挑戦の成功と課題がEV開発の足跡に…モンスター田嶋 語る
  • 【パイクスピーク12】コースレコードで総合優勝を果たしたのはジェネシスクーペ  画像 【パイクスピーク12】コースレコードで総合優勝を果たしたのはジェネシスクーペ

特集