【ニューヨークモーターショー13】シボレー カマロに Z/28 復活…軽量ボディに500psの7.0リットルV8

自動車 ニューモデル モーターショー
シボレー カマロ Z/28(ニューヨークモーターショー13)
  • シボレー カマロ Z/28(ニューヨークモーターショー13)
  • シボレー カマロ Z/28(ニューヨークモーターショー13)
  • シボレー カマロ Z/28(ニューヨークモーターショー13)
  • シボレー カマロ Z/28
  • シボレー カマロ Z/28
  • シボレー カマロ Z/28
  • シボレー カマロ Z/28
  • シボレー カマロ Z/28
3月27日、米国で開幕したニューヨークモーターショー13。米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドのブースの主役は、『カマロZ/28』だ。

カマロZ/28は、2014年モデルのシボレー『カマロ』の発表と同時に復活した伝統の高性能グレード。初代カマロZ/28は、1967年に発表。カマロの歴史において、「Z/28」という名を冠したモデルは、最も象徴的な存在として知られる。

新しいカマロZ/28は、サーキットで本領を発揮するモデルの位置付け。ボンネットの下には、LS7型と呼ばれる7.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。吸排気系は専用チューニングされ、最大出力500ps以上、最大トルク65kgm以上を発生する。トランスミッションは、専用ギアレシオの6速MTのみ。

サスペンションは4段階の調整が可能。ブレーキはブレンボ製のカーボンセラミックだ。タイヤは305/30ZR19サイズのピレリ製「PゼロTrofeo R」。このタイヤの純正装着は、カマロZ/28が初となる。

大幅な軽量化を受けているのも、カマロZ/28の特徴。オーディオや遮音材、トランクカーペットの廃止、ガラスの薄厚化、エアコンのオプション化、バッテリーの小型化などを実施。シボレーによると、『カマロZL1』に対して136kg軽いという。

ニューヨークモーターショー13のプレスカンファレンスには、GM北米部門のマーク・ルース社長が登場。「サーキット性能を重視したこの車は、オリジナルのカマロZ/28を復活させる役割を担う。このような車を市販できるのはシボレーだけで、Z/28と呼べるのも、この車だけだ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集