【上海モーターショー13】シュコダ スペルブが大幅改良…表情一新

自動車 ニューモデル モーターショー
シュコダ スペルブの大幅改良モデル
  • シュコダ スペルブの大幅改良モデル
  • シュコダ スペルブの大幅改良モデル
  • シュコダ スペルブの大幅改良モデル
  • シュコダ スペルブの大幅改良モデル
  • シュコダ スペルブの大幅改良モデル
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは4月3日、中国で4月20日に開幕する上海モーターショー13において、『スペルブ』(SUPERB)の大幅改良モデルを初公開すると発表した。

スペルブは1934‐1942年、旧チェコスロバキアで生産されていたモデル。2001年に、フォルクスワーゲン『パサート』の中国向けロングホイールベース車、『パサートLingyu』をベースに、専用フロントマスクを装着して復活した。2008年3月のジュネーブモーターショー08では、最新世代へモデルチェンジ。2009年9月のフランクフルトモーターショー09では、ステーションワゴンの『スペルブコンビ』がデビューを飾っている。

今回シュコダは、上海モーターショー13において、スペルブの大幅改良モデルを初公開すると発表。現行型のデビュー以来、初の大がかりな改良が、セダンとワゴンの両方に施された。

外観は、フロントを中心にフェイスリフト。Aピラーより前側部分は、グリル、バンパー、ヘッドライト、ボンネット、フェンダーを一新した。シュコダによると、最新のデザイン言語を反映させたものだという。

リアはテールランプを中心に、イメージを一新。インテリアも、素材やデザインの変更で、新鮮さを醸し出す。

搭載エンジンは、ガソリンとディーゼル複数を用意。フォルクスワーゲンの「ブルーモーション」に相当するディーゼルの「グリーンライン」仕様の場合、欧州複合モード燃費23.8km/リットル、CO2排出量109g/kmと、高い環境性能を実現する。シュコダは、「従来比で燃費は19%以上向上」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ニューヨークモーターショー13】フォルクスワーゲン ゴルフ 新型、米国上陸…エンジンは3種類 画像 【ニューヨークモーターショー13】フォルクスワーゲン ゴルフ 新型、米国上陸…エンジンは3種類
  • シュコダ、オクタビア 新型発表…新型ゴルフ/A3と車台共用 画像 シュコダ、オクタビア 新型発表…新型ゴルフ/A3と車台共用
  • 【ニューヨークモーターショー13】アウディ A3セダン、米国投入が決定…2014年初頭 画像 【ニューヨークモーターショー13】アウディ A3セダン、米国投入が決定…2014年初頭
  • 【ジュネーブモーターショー13】セアト レオン 新型に3ドアのSC…車台はVWゴルフ 新型と共用 画像 【ジュネーブモーターショー13】セアト レオン 新型に3ドアのSC…車台はVWゴルフ 新型と共用

特集