【ゴールデンウィーク】今年も東名渋滞減らし隊が活動

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
イメージ
  • イメージ
  • 東名渋滞減らし隊
NEXCO中日本では、今年もゴールデンウィーク(4月28日~30日、5月2日~6日)の期間、東名渋滞減らし隊キャンペーンを実施する。

このキャンペーンは、毎年ゴールデンウィークや年末年始など、東名高速道路の渋滞が予測される時期に実施するもの。渋滞のピークが予測される時に、ドライバーに東名高速道路の利用を避けてもらい、渋滞を減らそうとするもの。

東名高速道路を利用する予定の前日24時までに、事前に「東名渋滞減らし隊」にNEXCO中日本のサイトから登録する。登録した後、利用予定日時にETC搭載車で厚木IC以西のICから東名高速道路を利用し、横浜町田IC・横浜青葉IC・東名川崎IC・東京料金所のうちいずれかの出口料金所を通行する。さらに走行後、5月19日までに、アンケート(60問、45分間を設定)する必要がある。

事前登録し、東名高速道路を条件に沿った走行をしたドライバーに、NEXCO中日本のSAやPAで利用できる1000円分のお買物券が送られる。さらに抽選で、海老名SA、足柄SA、NEOPASAで使えるお買物券5000円分が100名に当たる。

「東名渋滞減らし隊」に登録すると、利用予定日に「渋滞予測メール」が登録時のメールアドレスに配信されるという特権がある。

渋滞が減ると、CO2の排出量も減少するし、渋滞でドライバーはイライラすることも減るというメリットがある「東名渋滞減らし隊」。登録は2013年4月9日からとなる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース