JR貨物、福山通運専用の貨物列車運行へ

鉄道 企業動向
「福山レールエクスプレス号」のイメージ。20両のコンテナ車に31フィートコンテナ40個を搭載する。
  • 「福山レールエクスプレス号」のイメージ。20両のコンテナ車に31フィートコンテナ40個を搭載する。
  • 「福山レールエクスプレス号」に搭載される福山通運の31フィートコンテナ。
JR貨物は3月18日、東海道本線の直行貨物列車「福山レールエクスプレス号」を3月25日から運転すると発表した。路線トラック大手の福山通運との提携による専用の貨物列車で、東京貨物ターミナル(東京都品川区)~吹田貨物ターミナル(大阪府吹田市)間を6時間50分で結ぶ。

「福山レールエクスプレス号」の編成は、先頭に機関車を連結したコキ100系コンテナ車20両。福山通運取り扱いの31フィートコンテナ40個を搭載する。運転日数は年間300日で、運行時刻は下りが東京貨物ターミナル22:47→吹田貨物ターミナル5:34、上りが吹田貨物ターミナル22:55→東京貨物ターミナル5:38。

上下合わせて大型トラック80台分の貨物が鉄道輸送に移行することになり、JR貨物は二酸化炭素排出量(CO2)が年間で1万7244t削減されるとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR貨物、コンテナ輸送が0.7%増、紙・パルプ、エコ関連物資が震災復興需要で好調…2月 画像 JR貨物、コンテナ輸送が0.7%増、紙・パルプ、エコ関連物資が震災復興需要で好調…2月
  • 2013年ダイヤ改正のポイント…JRグループ各社編 画像 2013年ダイヤ改正のポイント…JRグループ各社編
  • JR貨物、隅田川駅の鉄道貨物輸送力増強事業が竣工 画像 JR貨物、隅田川駅の鉄道貨物輸送力増強事業が竣工
  • JR貨物、エコ関連物資の輸送が好調で1%増…12月コンテナ貨物 画像 JR貨物、エコ関連物資の輸送が好調で1%増…12月コンテナ貨物

特集

おすすめのニュース