【ジュネーブモーターショー12】ブガッティ ヴェイロン にアートカー…複雑怪奇な計算式

自動車 ニューモデル モーターショー
ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
  • ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴネ(ジュネーブモーターショー13)
フランスの高級スポーツカーメーカー、ブガッティは3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13において、『ヴェイロン グランスポーツ ヴネ』を初公開した。

同車は、『ヴェイロン』のオープンモデル、『グランスポーツ』をベースにしたアートカー。フランス人の有名アーチスト、ベルナール・ヴネ氏とのコラボレーションで生まれた特別なヴェイロンだ。

ヴェイロンの車体をキャンバスに、ベルナール・ヴネ氏が描き出したのは、数字や数式などの複雑怪奇な文字群。同氏によると、これらは、ヴェイロンの開発時に使われた計算式を表現したものだという。インテリアは、ドアトリムのレザーに、同様のデザインが施されている。

パワートレインに変更はない。ミッドシップに搭載されるのは、8.0リットルW16気筒ガソリンエンジンを4個のターボチャージャーで過給したユニット。最大出力は1001psを発生し、最高速は405km/hの実力だ。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集