ヤマハ、北米市場に新型クルーザー ボルト を投入

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機は、950cc空冷V型2気筒エンジンを搭載する新型クルーザー『ボルト』を、2013年4月下旬より北米市場で発売する。

ボルトは、「Best for Urban Fun Ride!」をコンセプトに、北米市場の二輪車総需要約50万台のうち、約半分を占める「クルーザー」カテゴリーに投入する新製品で、同社の新中期経営計画(2013年~3か年)にある「先進国・二輪車事業におけるラインナップ充実」を具現化する2013年発表の新製品第1弾となる。

新型車は、既存モデル『XVS950A』をベースに、吸排気系とFIのセッティングなどを一新したエンジンと、新設計フレームによるスリム&コンパクトな車体を融合。低速域からの優れた加速性と軽快な走りを実現している。また、塊感がある力強いスタイルに、細部にわたる金属の素材感を醸し出す仕上げを施し、シンプルなレイアウトの中に力強さを表現した。

なお、標準モデルをベースに、よりスポーティなイメージの「Rスペック」も設定。専用タンクグラフィック、リザーバータンク付きリアサスペンション、バックスキン調表皮シートを装備する。

価格は標準仕様が7990米ドル(約76万円)、Rスペックが8290米ドル(約79万円)。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集