アラブ初のスーパーカー、LYKAN…1台3億円で受注が100台突破

自動車 ニューモデル 新型車
レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
レバノンのWモータースが1月末、中東で開催されたカタールモーターショー13で初公開した新型スーパーカー、『LYKAN』。同車が、多くのオーダーを獲得したことが分かった。

Wモータースはレバノンの首都、ベイルートに本拠を置く新興自動車メーカー。LYKANは、同社初、そしてアラブ初のスーパーカーだ。アグレッシブなデザインが特徴のLYKAN。パフォーマンスもスーパーカーを謳うに相応しく、ミッドシップには、水平対向6気筒ガソリンエンジンを、2個のターボチャージャーで過給したユニットを積む。

このフラット6ツインターボは、最大出力750ps、最大トルク102kgmを引き出す。パワフルなエンジンのおかげで、LYKANの0‐100km/加速はわずか2.8秒。最高速は395km/hの実力だ。

Wモータースのラルフ・デバスCEO は今回、カタールモーターショー13でのワールドプレミアの後、LYKANの受注が100台を超えたことを明らかにした。もともとLYKANは、アラブの富豪向けに7台のみを限定生産する計画。しかし同社によると、ロシアや中国、米国など世界中から、購入のオファーが寄せられたという。

LYKANの価格は、日本円でおよそ3億円と伝えられており、ブガッティ『ヴェイロン』さえ上回る。スーパーカービジネスは堅調なようだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集