【カタールモーターショー13】アラブ初のスーパーカー、LYKAN…最高速395km/h

自動車 ニューモデル モーターショー

レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
  • レバノンのWモータースのスーパーカー、LYKAN(カタールモーターショー13)
レバノンのWモータースは1月28日、中東で開幕したカタールモーターショー13において、新型車の『LYKAN』をワールドプレミアした。

Wモータースはレバノンの首都、ベイルートに本拠を置く新興自動車メーカー。LYKANは、同社初のスーパーカーとして誕生した。

アグレッシブなデザインが特徴のLYKAN。パフォーマンスもスーパーカーを謳うに相応しいものだ。ミッドシップには、水平対向6気筒ガソリンエンジンを、2個のターボチャージャーで過給したユニットが収まる。

このフラット6ツインターボは、最大出力750ps、最大トルク102kgmを引き出す。パワフルなエンジンのおかげで、LYKANの0‐100km/加速はわずか2.8秒。最高速は395km/hの実力だ。

WモータースはLYKANの生産台数に関して、「7台のみ」と公表。同社のラルフ・デバスCEOは、「我々は新たな歴史を作った。LYKANは、アラブ初のスーパーカーだ」と自信たっぷりにコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集