【ボルボ V40 発表】歩行者エアバッグ「人の足を感知できるよう多くの労力をかけた」

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボ V40 発表会
  • ボルボ V40 発表会
  • ボルボ・カー・コーポレーション ステファン・ライバーグ氏
  • ボルボ V40 発表会
  • ボルボ V40 発表会
  • ボルボ V40 発表会
  • ボルボ V40 発表会
ボルボ・カー・ジャパンが2月19日発売した新型ハッチバッグ『V40』には世界初となる歩行者保護を目的としたエアバッグが6万円でオプション設定されている。

ボルボ・カー・コーポレーションでシニアセーフティエンジニアを務めるステファン・ライバーグ氏は同日都内で開いたV40発表会で、このエアバッグについて「人間の足を感知できるよう多くの労力をかけてテストした」と明かした。

ライバーグ氏は「このエアバッグは7つのセンサーがフロントバンパーに埋まっている。バンパーに人の足にあたったとセンサーが感知すると、ヒンジがリリースされエアバッグが展開し、Aピラーとウインドスクリーンの下の大半の部分をカバーするので、これらの硬い部分への接触から保護することができる」と仕組みを解説。

その上で「センシングが最も難しいところであり、特にそこに尽力した。ショッピングカートとかバスケットボールではなく、人間の足を感知できるよう多くの労力をかけてテストした。さらにアルゴリズムを使って信号を解析することに注力した」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【ボルボ V40 発表】歩行者エアバッグのオプション化は「魅力的な価格にするため」 画像 【ボルボ V40 発表】歩行者エアバッグのオプション化は「魅力的な価格にするため」
  • 【ボルボ V40 発表】歩行者エアバッグを世界初採用 画像 【ボルボ V40 発表】歩行者エアバッグを世界初採用
  • 【ホンダ N-ONE 発売】開発責任者浅木氏、サイドカーテンエアバッグの装着は6割くらいに 画像 【ホンダ N-ONE 発売】開発責任者浅木氏、サイドカーテンエアバッグの装着は6割くらいに

特集