クルマに乗ったまま銀行取引…大垣共立BKが愛知県に新店舗

自動車 ビジネス 企業動向
大垣共立銀行・ドライブスルーながくて出張所(完成イメージ)
  • 大垣共立銀行・ドライブスルーながくて出張所(完成イメージ)
  • 大垣共立銀行・ドライブスルーながくて出張所(レイアウトイメージ)
大垣共立銀行は4月15日、愛知県長久手市にドライブスルーATMなどを設置する「ドライブスルーながくて出張所」をオープンする。

新店舗は、利用客がクルマに乗ったまま窓口・ATMで取引できる「ドライブスルー型店舗」。取引内容によってクルマに乗ったまま窓口かATMを選ぶことができる。

2か所設置するドライブスルー窓口には、クルマに合わせて窓口が移動する昇降・幅寄せ機能を搭載。キャッシュカードを使うことで、伝票記入やタッチパネル操作が不要となる「記入レス」と「印鑑レス」によるスピーディな窓口取引が可能となっている。

また、電気自動車(EV)での来店客向けにEV充電スタンドも設置する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集