1月のトヨタのインド新車販売、23.4%減…3か月連続マイナス

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ・エティオス
  • トヨタ・エティオス
  • トヨタ・エティオス リーバ(デリーモーターショー12)
トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は2月1日、1月のインド新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は1万3329台。前年同月比は23.4%減と、3か月連続で前年実績を下回った。

販売が落ち込んだ要因が、2010年12月に発売したインド向け戦略コンパクト、『エティオス』シリーズの失速。同車の販売は、2012年9月以降、前年実績割れが続く。

また、TKMは2012年3月から、エティオスの輸出を開始。1月は1791台を南アフリカに向けて出荷した。TKMによると、すでに累計1万5120台が輸出されたという。

トヨタの1月のインド販売は、2012年12月との比較では、10.4%の伸び。TKMのサンディープ・シン常務は、「インド新車市場は、とくに乗用車が減速傾向。しかし2013年後半には改善するだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 1月のスズキのインド新車販売、1.1%減…5か月ぶりのマイナス 画像 1月のスズキのインド新車販売、1.1%減…5か月ぶりのマイナス
  • ジャガー、インドで初の現地生産… XF がラインオフ 画像 ジャガー、インドで初の現地生産… XF がラインオフ
  • 1月のヒュンダイのインド新車販売、4.3%増…3か月ぶりに回復 画像 1月のヒュンダイのインド新車販売、4.3%増…3か月ぶりに回復
  • アウディ、インドで Q7 の現地生産を開始 画像 アウディ、インドで Q7 の現地生産を開始

特集

おすすめのニュース