国土交通省、ミャンマー運輸省に職員を派遣、港湾開発などを支援

鉄道 行政

国土交通省は、ミャンマーの運輸省に国土交通省の職員を派遣すると発表した。民政移管後初の職員派遣となる。

職員は、1月31日から2年間、運輸交通政策アドバイザーとして、ミャンマー運輸省運輸局とミャンマー港湾公社に派遣する。運輸交通、港湾分野の開発について、政策立案、制度構築、開発計画策定などの技術的な助言を行う予定。

また、国土交通省は、ミャンマー運輸省が交通分野での連携緊密化のため、協力覚書を調印した初の外国政府機関となる。今回の派遣を活用し、ミャンマーでの運輸交通関連マスタープランの作成やティラワ港開発など具体的な課題を支援、ミャンマーの経済発展を支援していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集