【トヨタ クラウン 新型発売】1か月の受注が月販目標の6倍超…主役はハイブリッド

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ自動車は1月30日、新型『クラウン』の受注台数が、発売後1か月で月販目標台数4000台の6倍を超える、約2万5000台を受注したと発表した。受注の内訳では、ハイブリッドモデルがガソリンモデルの2倍近くを占め、約1万6500台を受注した。

新型クラウンは、2012年12月25日の発売から、およそ1か月にあたる2013年1月29日時点で約2万5000台と好調な立ち上がり。受注台数内訳“ロイヤル”シリーズ 約1万0900台、“アスリート”シリーズ 約1万4100台。

新型クラウンのハイブリッドモデルは、JC08モード走行燃費23.2km/リットルと、良好な燃費性能が好評のもよう。ガソリンモデルの受注台数は約8500台と、伝統のあるクラウンにおいてもハイブリッドが主役になるようだ。
《》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集