新年恒例、クラシックカーの賀詞交歓会

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

1月27日、青海臨時駐車場特設会場(東京都江東区)において、日本クラシックカー協会が主催する、JCCAクラシックカーフェスティバルニューイヤーミーティングが開催された。

毎年恒例となったこのイベントは、クラシックカーを好む人たちの、新年の挨拶を交わす場として浸透してきた。今年も、多くの来場者や、参加者同士が、新年の挨拶をする姿があちらこちらで見られた。

一般の展示車両は200台以上、さらに、クラブスタンドは80以上と大規模なこのイベントの特徴のひとつに、毎年テーマを決めたコンクールデレガンスがある。今年のテーマはフランス車とドイツ車。フランス車はわずか5台と少なかったが、ドイツ車は18台を数え、中には、『ダネンハウアー&スタウス』というフォルクスワーゲン『タイプ1(ビートル)』をベースとし、約100台が生産されたクルマが登場。その他、多くのメルセデス・ベンツなどが顔を揃えていた。

また、もうひとつの特徴のひとつは日本車が多数参加することである。今年も例年通り初代トヨタ『カローラ』や、日産『サニー』、また、軽自動車では三菱『ミニカ70』など、なかなか保存されない大衆車など多くのクルマが展示されていた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集