東邦出版、F1の歴史をデータでひも解く書籍 F1データの正体 を発売

モータースポーツ/エンタメ 出版物

東邦出版は1月23日、1950年から2012年まで、62年にわたるF1の歴史をデータでひも解く1冊、「F1データの正体」を発売した。

同著は、N・ラウダ、A・セナ、A・プロストら、伝説のドライバーたちのドラマ、黎明期、全盛期、そして現代のF1を支えるドライバーたちのドラマを独自の視点で掘り下げるという内容。また、第一回から2012年までの全GPの結果も収録している。

編集はF1ケータイグランプリ編集部。価格は2000円。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集