日本郵船グループ、15万7000重量トン型スエズマックスタンカーの定期用船を開始

船舶 企業動向

日本郵船が50%出資するクヌッツェン・エヌワイケイ・オフショア・タンカーズ(KNOT)は、韓国・現代重工業が建造した15万7000重量トン型スエズマックス・タンカー「カルメン・ナッツェン」をレプソルYPFに引き渡すと同時に、定期用船を開始した。

シャトル・タンカーは、別名フローティング・パイプラインとも呼ばれ、海底油田上にある石油生産・貯蔵・積出し施設などから、海上で一定の距離を保ったまま油を積み込み、陸上の石油貯蔵基地、石油精製基地までピストン輸送するためのタンカー。今回の契約期間は、5年間の延長オプション付きで、ブラジル沖で産出される原油をシャトル輸送する。

また、KNOTグループはレプソル・シノペック・ブラジルと新たにシャトル・タンカーの定期用船契約を結んだ。用船開始時期は2014年7月から9月の間の予定で、期間は10年の延長オプション付き。

新しい契約には、全機器・配線を含めたシステムを完全に二重化して冗長性を高めた「ダイナミック・ポジショニング・システム」(動的定点保持システム)クラスIIと海象の荒い地域で、より安全に荷役するため、船首部分で荷役を行う「バウローディングシステム」を搭載した15万2000重量トン型スエズマックス・タンカーを投入する予定。中国のCOSCO舟山造船所で建造される。

ブラジル沖のサントス・カンポス海盆で産出される原油のシャトル輸送を行う。

日本郵船グループは、今後も世界各地での安定的、経済的なエネルギー輸送に注力するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集