【AMAスーパークロス第3戦】450SXクラス、ディフェンディング・チャンピオンのライアン・ビロポトが快勝

モーターサイクル エンタメ・イベント

AMAスーパークロス2013年シリーズの第3戦が先週末、アナハイムのエンジェル・スタジアムで行われ、初戦でクラッシュを連発して調子に乗れなかった2度のディフェンディング・チャンピオン、ライアン・ビロポトが力強い走りで今期初の勝利を飾った。

1月19日に行われた450SXレースで、スタートから飛ばしてホール・ショットを奪ったのはモンスター・エナジー・カワサキのジェイク・ウェイマーで、その後にホンダ・マッスルミルクの2人のチームメイトである、ジャスティン・バルシアとトレイ・カナードが2番手・3番手と続いた。

スタートで6番手につけたビロポトは激しく追いすがり、第5ラップでトップを走っていたカナードをかわしてリードを奪い、トップのままゴールした。

「シーズンは我々の思ったようにスタートしなかった。」「前回のフェニックスで良いレースができて、チームは今週、バイクに良い改良を加えた。一旦トップに立ってからは、ラップタイムに注意を払いながら、一貫した走りをキープしようとした。トラックはとてもスリッピーだったが、ペースアップをキープするよう心がけた。」と勝利したビロポトは語った。

現在の450SXクラスの累積ポイント・リーダーのデビ・ミルサップスは4位でフィニッシュし、チャンピオンシップ・ポイントで3ポイントのリードを守った。

尚、このレースでスーパークロスの伝説と呼ばれたケビン・ウィンダムが、17年のキャリアを引退で終えることを発表した。

AMAスーパークロス第4戦は、1月26日にオークランドのO.coコロシアムで行われる予定である。


450SXクラス第3戦結果

1.ライアン・ビロポト(カワサキ)
2.トレイ・カナード(ホンダ)
3.チャド・リード(ホンダ)
4.デビ・ミルサップス(スズキ)
5.ジェイク・ウェイマー(カワサキ)

450SXクラスシーズン累積ポイント

1.デビ・ミルサップス(スズキ)-63
2.トレイ・カナード(ホンダ)-60
3.チャド・リード(ホンダ)-56
4.ライアン・ビロポト(カワサキ)-52
5.ライアン・ダンゲイ(KTM)-48
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集