カービュー、ケニアで中古車輸出のユーザー支援事業を展開

自動車 ビジネス 海外マーケット

カービューは、1月25日より、同社子会社であるカービュー ケニアが運営する「トレードカービュー ストア ケニア」をオープンすると発表した。

トレードカービュー ストア ケニアは、2012年10月5日にケニア・ナイロビ州に設立したカービュー ケニアが開設するトレードカービューの海外拠点第1号。

トレードカービューは中古車輸出業者や輸出代行業者などが参加する中古車輸出サイト。現在、世界200以上の国と地域で利用されているが、その中でも、ケニアを中心とした東アフリカ諸国からのユーザーは上位10位までのほとんどを占めている。今回、よりユーザーに近いサービスを提供するために、同拠点を開設する。

トレードカービュー ストア ケニアでは、一般来場者でトレードカービューの使い方が良くわからない、というユーザーの疑問に答え、日本から中古車を購入する手助けをするほか、ユーザーの依頼があれば、スタッフがユーザーの代わりに車両を探して購入の交渉を代理する。さらに、支払いや購入した車両の通関、デリバリーなどの手助けを行うなど、ユーザーに対するきめ細かいサービスを提供する。

カービューでは今後、ケニアを拠点として、周辺諸国へも同様のサービスを提供する予定だとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集