AIRDO、新千歳~神戸線新設などの夏ダイヤを決定、B737-700型機の3号機導入

航空 企業動向

AIRDO(エア・ドゥ)は、2013年度の夏ダイヤ期間(2013年3月31日~2013年10月26日)を決定した。

2013年度は、3月31日から羽田~釧路線、新千歳~岡山線を開設することに加え、6月21日からは新千歳~神戸線の開設、新千歳~仙台線を増便するなど、ネットワークを拡充する。

機材については、B737-700型機(144席)の3号機を6月に導入する。現在運航しているB737-500(126席)は2013年度以降、順次退役する予定。

B737-700型機は、2012年10月28日から羽田~帯広線で運航を開始し、2013年2月1日から羽田~旭川、女満別線にも導入する予定で、3月31日からは羽田~新千歳線、新千歳~仙台、岡山線と更に運航路線を拡大する。

一方、夏季期間には女満別線にB737-500型機に代わりB767-300型機を投入し、提供座席数を増やす。GW期間などには、羽田~新千歳線のB737-700型機に代えてB767-300型機を投入する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集