JALグループ、2013年度の路線便数計画を発表…国内線ネットワークを拡充

航空 企業動向

JALグループは、2013年度の国内線および国際線の一部について路線便数計画を決定した。

国内線では、新たに配分された羽田空港発着枠を積極的に活用。増便を図るとともに、中部地区と羽田空港の深夜早朝時間帯に運航している国際線との乗り継ぎ便として、羽田=中部線(1便/日)を新規開設し、利便性の向上を図る。地方路線では伊丹=松山(3便/日)、伊丹=函館(1便/日)、伊丹=三沢(1便/日)の3路線5便の開設(再開)のほか、16路線で18便の増便を行い、大阪路線を中心に大幅な国内線ネットワークの拡充を図る。

国際線については、関西=韓国金浦線を減便の上、需要適合を図りつつ、同路線でビジネスクラスを再開するなど、機内サービスの向上に努める。なお、その他国際線路線便数計画については、787型機の運航再開時期などを見極めた段階で発表するとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集