プジョー、中国新車販売を年間45万台に倍増へ…2015年計画

自動車 ビジネス 企業動向

フランスの自動車大手、プジョーと東風汽車の中国合弁、東風プジョーは1月10日、中国市場における成長計画を公表した。

この計画は、今後3か年の中期的なもの。同社の発表によると、2013-2015年までの3年間に、中国で新型6車種をリリース。積極的な新車投入計画について、同社は「野心的」と表現する。

これらの新型車の発売により、東風プジョーは2015年までに、中国で年間45万台の新車販売を目指す。2012年実績に対して、倍増以上という大幅な伸びを狙う。

この目標達成のために、ディーラーネットワークを強化。現在、プジョーの中国販売店がカバーするエリアは、中国全土のおよそ65%。これを2015年までに85%へ引き上げる。販売拠点は、合計500か所へ増える見通し。

東風プジョーは2013年1月、新型車として『3008』を中国市場で発売。販売目標達成に向けて、重要モデルに位置付けている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集