アメリカ海兵隊、KC-130J スーパー・ヘラクレス輸送機を紹介

航空 テクノロジー

KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
  • KC-130J スーパー・ヘラクレス
アメリカ海兵隊がこの度、『KC-130J スーパー・ヘラクレス』輸送機の役割と性能等について紹介するウェブページ公開した。

KC-130Jは、空中給油や撤兵、捜索と救助、空挺攻撃などの用途を持つ4機のエンジンを搭載する輸送機である。

KC-130Jは全長、90フィート(約27.4メートル)、両翼幅130フィート(全長39.6メートル)の多目的輸送機で、12,000ガロン(4万5425リットル)の燃料の運搬が可能で、同時に2機の航空機に毎分300ガロン(1136リットル)の給油をすることができる。

近年、空対地ヘルファイア・ミサイル、高精度誘導爆弾、30mmオート・キャノンを搭載した、ハーベスト・ホーク(ヘラクレス・エアボーン・ウエポンズ・きキット)と呼ばれる、武装された初のKC-130が海兵隊に採用された。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集