【メルセデスベンツ Aクラス 新型発表】Bクラスとの差別化ポイントは

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ・Aクラス
  • メルセデスベンツ・Aクラス
  • メルセデスベンツ・Aクラス
  • メルセデスベンツ・Aクラス
  • メルセデスベンツ・Aクラス
  • メルセデスベンツ・Aクラス
  • メルセデスベンツ・Aクラス
  • 新型メルセデスベンツ Bクラス
  • メルセデスベンツ Bクラス 新型
新型メルセデスベンツ『Aクラス』は、これまで以上に『Bクラス』とキャラクターの差別化を図ったモデルである。

「これまでのAクラスとBクラスは、少しサイズが違う程度で、どちらもユーティリティや利便性を追求したモデルでした」と話すのは、メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部商品企画3課の熊谷友貴さん。そして、新型Aクラスは、「キャラクターを大きく差別化させました」という。

具体的には、「ある程度同じ価格帯、同じサイズ感の中で、利便性を追求したのがBクラスです。これまでのA、Bクラスのコンセプトを、Bクラスに凝縮させたイメージです」。そしてAクラスは、「スポーティにしていますので、例えば、後ろにお荷物を乗せられる方、どうしてもいつも人を後ろに乗せる方にはBクラスをお勧めしたいと思っています」とし、「実際に、見て、乗ってもらうと、その違いを大きく感じていただけると思います」と話す。

熊谷さんは、「使い勝手を重視されるユーザーには、Bクラスを我々としてもお勧めしたいと思っていますので、旧型Aクラスユーザーから(新型Aクラスではなく)Bクラスを買われるユーザーも少し出てくるかなと思っています」と述べる。では、Aクラスは新規ユーザー獲得を狙うのか。「もちろんA、Bクラス両方とも新しいユーザーを獲得できるかなと思っています。Bクラスは、(これまでの)コンセプトは引き継いでいますが、とてもスタイリッシュになったと自負しています。しかし、Aクラスは特にガラッと変わったので、より新しいお客様を獲得できるかなと考えています」と語った。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集