東京メトロ、「Mマーク」駅出入口サインをLED照明のキューブ型に

鉄道 企業動向

東京メトロは、路上に設置した駅出入口をより目立たせるため、2015年度までに現行の丸型「Mマーク」駅サインをすべてキューブ型に変更すると発表した。

新しいキューブ型の駅サインには、環境負荷低減のためLED照明を採用する。

従来、駅出入口に設置している丸型の「Mマーク」駅サインは、東京メトロ発足から使ってきたが、キューブ型に変更することで、出入口の横方向からでも位置を認識しやすくなり、交差点や離れた場所などでも一目で分かるようにする。

今年度は丸ノ内線・有楽町線池袋駅や日比谷線上野駅など6駅13か所に導入し、2015年度までに77駅224か所ある丸型の「Mマーク」駅サインをすべてキューブ型に取り替える。

また、東京メトロでは「みんなでECO.東京メトロ・エコプロジェクト」を推進し、環境にやさしい地下鉄を目指しており、プロジェクトの一環としてキューブ型の「Mマーク」駅サインには駅構内の照明に導入を進めているLED照明を採用する。これにより表示面積の増加による消費電力の増加を抑えるほか、球切れによる廃棄物の発生量を削減する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集