アフガニスタンで活躍する第722遠征空輸飛行中隊 アメリカ空軍

航空 行政

2013年1月15日のエア・フォース・レポートで、アメリカ空軍はアフガニスタンにおける空輸部隊の果たす重要な役割について解説するビデオを公開した。

アフガニスタンの幹線道路は、簡易爆弾での襲撃などの危険と常に隣り合わせである。そうした危険を回避する一つの方法が、空を移動すること。第722遠征空輸飛行中隊は、アフガニスタンにおいて国際治安支援部隊(ISAF)やセントラル・コマンド(CENTCOM)に空中輸送を提供する。

多くの積載物を空輸する際、コンピューターによって全て準備が行われる。そして作業は、輸送機の後方にある大きなハッチを通して行われる。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集