【デトロイトモーターショー13】ヒュンダイ HCD‐14、次期 ジェネシス を提案…斬新な高級車

自動車 ニューモデル モーターショー

ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
  • ヒュンダイ HCD‐14
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は1月14日(日本時間1月15日深夜)、米国で開幕したデトロイトモーターショー13において、コンセプトカーの『HCD‐14』を初公開した。

HCD‐14は、ヒュンダイの次期『ジェネシスセダン』を示唆したコンセプトカー。ジェネシスセダンは、米国市場ではレクサス『GS』、メルセデスベンツ『Eクラス』、BMW『5シリーズ』、アウディ『A6』などをライバル視するヒュンダイの上級セダン。2012年は米国において、4ドアセダンと2ドアクーペ合計で、前年比2.8%増の3万3973台を販売している。

ヒュンダイはこれまで、デザイン言語として「fluidic sculpture」(流体彫刻)を用いてきた。しかし、このHCD‐14では、「FLUIDIC PRECISION」(流体・正確)という新デザイン言語を導入。最近のヒュンダイ車とは、異なるデザインの方向性を提示した。

目を引くのは、斬新なフロントマスク。フロントエンドをほぼ垂直に切り落とし、押し出し感の強い大型グリルをレイアウトした。リアも、フロント同様の垂直デザイン。4ドアクーペ風の滑らかなルーフラインと、対照的な仕上がりを見せる。

また後部ドアは、逆ヒンジで開閉。乗降性を高めるとともに、開放的な室内空間を追求した。このクラスの市販車には採用される可能性は低いが、斬新なアイデアといえる。

搭載エンジンは、デュアルバルブタイミング機構を備えた直噴5.0リットルV型8気筒ガソリン。トランスミッションは、パドルシフト付き8速ATだ。ヒュンダイは、「パワーと排出ガス性能、燃費を両立した」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集