クライスラー 300SRT8、フラッグシップモデルをよりハイパフォーマンス

自動車 ニューモデル 新型車

クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
  • クライスラー・300SRT8
フィアットクライスラージャパンは、東京オートサロン13において、ハイパフォーマンスモデルのクライスラー『300SRT8』を発表した。発売は3月2日より。価格は638万円から。

同社代表取締役社長兼CEOのポンタス ヘグストロム氏はこのモデルについて、「洗練さとパフォーマンスがブレンドしたクルマです。クライスラー社のフラッグシップモデルであるラグジュアリーカーのラインナップをベースに、SRTチームはこの300を真のスーパーカーに変化させることに成功しました」と述べる。

同社マーケティング本部プロダクト・マネージャーの渡邊由紀氏によると、そのパワートレインは、「新開発の6.4リッターV8HEMIエンジンを搭載し、5速オートマチックトランスミッションは、マニュアル感覚で走りが楽しめるオートスティック機構を搭載。最高出力は全ブランドで最高の472馬力を発揮。最大トルクも先代と比較し11%も改善しています(631Nm)」と話す。

サスペンションは、「フロントダブルウィッシュボーン、リアマルチリンク式を採用。新開発のアダプティブダンピングサスペンションにより、路面状況に合わせたスポーツとトラックの2つのモードが選択可能です」とし、「スポーツモードではサスペンションの硬さを強め、路面に吸い付くような走りが楽しめ、トラックモードでは一段とアグレッシブでハードな走りを体感することが出来ます」。

その操作は、「センタースタックに配置された8.4インチスクリーンメディアセンター内にSRT専用に設計されたパフォーマンスページがあり、そこで操作が出来ます。また、ステアリングホイールの両側に配置されたアルミニウム製のパドルシフトスイッチからも、スポーツモードからさらにトラックモードに切り替えることが可能です」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集