富士重吉永社長、独自システムのハイブリッド車を年内投入へ

自動車 ニューモデル 新型車

富士重工業・吉永泰之社長
  • 富士重工業・吉永泰之社長
  • 富士重工新春記者会見
  • 富士重工新春記者会見
  • 富士重工新春記者会見
富士重工業の吉永泰之社長は1月15日、都内で会見し、ハイブリッドカーを2013年中に国内市場に投入する計画を明らかにした。会見後、吉永社長は一部報道陣に対し、提携先のトヨタ自動車の技術を活用していることを明らかにしながらも、独自のシステムであると強調した。

吉永社長は「私どもトヨタに結構の人数を派遣して、トヨタの開発に協力もさせて頂く代わりに、(トヨタの)知見を我々も吸収、勉強させて頂いている。ただ、部品は各社のハイブリッド用部品を造っている部品メーカーから買うので、(ハイブリッドシステムは)オリジナル」と述べた。

さらに「結局、水平対向エンジンなので、水平対向エンジンに合わせるハイブリッドは自分達で造るしかない。ハイブリッドの機構そのものは各社ほとんど一緒だが、水平対向に適合させるのは我々がもちろんやらなければいけない」とも強調。

その上で「一番大事なのはスバルがハイブリッドを出す意味、意義というのをお客様に納得頂けるものが造れるかどうかが勝負。そこがポイントだと思っている」との考えを示した。ただ、具体的な発売時期や搭載モデルに関しては明らかにしなかった。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集