【CES 13】ヒュンダイ、グーグルマップと連携したブルーリンクを出展…ヴェロスター ターボも

自動車 ビジネス 海外マーケット

米ラスベガスで開催されているCES13で、ヒュンダイはグーグルマップを組み込んだ同社の車載テレマティクス、ブルーリンクをアピールした。

ヒュンダイは今回、ブルーリンクに、グーグルマップのアプリケーションプログラム・インターフェース(API)を内蔵すると発表。このグーグルマップAIP群にはカーナビゲーション向け機能である"Send To Car"が含まれる。ブルーリンクに内蔵することで、音声による目的地検索では、グーグルの最新データベースを利用して、好みの店やスポットを素早く知ることが可能になる。

また、ブルーリンクをアピールするために、デトロイトモーターショー12で世界初公開された『ヴェロスター ターボ』が展示された。

ヴェロスター ターボは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボT-GDIエンジンを搭載。最大出力は201ps/6000rpm、最大トルクは27kgm/1750-4500rpmを獲得する。

《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集