三井造船、クラレが米国に新設するポバール樹脂生産設備を一括受注

船舶 企業動向

三井造船webサイト
  • 三井造船webサイト
三井造船は、クラレの米国現地法人クラレ・アメリカが米国テキサス州に建設を予定するポバール樹脂生産設備の詳細設計・機材調達・建設工事の一括請負業務(EPC)を受注した。

ポバール樹脂生産設備の新設計画は、クラレグループのコア事業である酢酸ビニル・ポバール系事業の世界戦略の一環で、シェールガスなどによる原燃料メリットがある北米に新たな生産拠点として建設する。

今回の計画では、年産能力4万トンのポバール生産設備を建設するもので、2014年9月末に設備を完工する予定。ポバールは、ビニロン繊維の原料やフィルムの原料、繊維加工剤、接着剤などの幅広い用途に向けで、最近では自動車のフロントガラス用中間膜原料、インクジェット用紙などの情報用紙の加工剤、刷版材などの新しい用途も広がっている。

米国でのシェールガス開発の進展で、北米での石油化学プラントの建設投資動向が注目されている。三井造船は、1980年代半ばから北米で石油化学プラントの建設実績を持つ。クラレアメリカのポバール樹脂生産設備を昨年9月、先行設計業務受注したのに続いて、今回は詳細設計・機材調達・建設工事のEPCを受注した。

今後も北米地域で受注活動を積極的に展開していく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集