JAL、1月9日から新しい機内食を提供開始、スターシェフがプロデュース

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、「Welcome! New Sky」をアクションスローガンにした「新しい空」を作る『JAL NEW SKY PROJECT』として1月9日から新しい機内食の提供を開始した。

JALの欧米線、豪州線、東南アジア線で「空の上のレストラン」をコンセプトに、最上の機内食を提供する。

ファーストクラス、ビジネスクラスは、空の上のレストラン「スカイオーベルジュ BEDD」と銘打ってスターシェフと料理プロデューサーで結成するドリームチームが、最高の食材と自由な発想で夢のスペシャリティを提供する。

お腹が満たされた後、座席をベッドにして休めるファーストクラス、ビジネスクラスならではのシーンを想像させる「BEDD」という名前の最後の「D」の文字には、Dine(お食事をする)、Delicious(おいしい)、Dream(夢見ごこち)の意味を込めた。

プレミアムエコノミー、エコノミークラスは、新しい驚きと楽しさに出会える空の上のレストラン「JALキッチンギャラリー」。日本全国の「旬の美味」を採り入れて開発した空のご当地メニューや、日本で広く愛されているブランドとのコラボレーションメニュー「AIRシリーズ」など、「食の発見」が楽しめるメニューを提供する。

1月9日から欧米線、豪州線の1食目で提供する機内食トレー自体を従来の1.5倍に拡大する。

また、JAL NEW SKY PROJECT として2013年春から機内食の食器デザインを一新する。

JALのコーポレートカラーである赤を印象的にあしらった新デザインの食器を開発した。今年春から、欧米線、豪州線の機内食に導入する。東南アジア路線にも新デザインの食器を展開する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集