確認可能な最も遠い宇宙…クエーサーの3Dアニメーション

宇宙 科学

ヨーロッパの天文学者達のチームが、ESOの大きな望遠鏡とホストとなる他の望遠鏡を使用し、現在までに発見された最も遠いところにあるクエーサーを発見すると共に研究に取り組んでいる。

太陽の20億倍の重さを持つブラックホールによってパワーを得ているビーコンは、初期の宇宙において発見されたものの中でも飛び抜けて明るい。

「ULAS J1120+0641」と命名されたこのクエーサーは、ビッグ・バンの起こった7億7千万年後に見られたが、その光は129億年をかけて我々のところまで到達している。比較的明るいため、スペクトラムを抽出することが可能となり、天文学者たちがクエーサーについての多くの発見を得る可能性を秘めている。

Loading player...


《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集