JAL、欧米線ファーストクラスで日本一の牛料理を提供

航空 企業動向

JAL、欧米路線のファーストクラスで宮崎牛を提供
  • JAL、欧米路線のファーストクラスで宮崎牛を提供
日本航空(JAL)は、国際線の新商品「JAL SKY SUITE 777」導入を記念し、欧米線のファーストクラスで、1月9日~3月31日まで「日本一」の称号を持つ宮崎牛を提供する。

宮崎牛は、宮崎県内で生産肥育された黒毛和牛で、日本食肉格付協会による格付基準で肉質等級4等級以上に認定された牛肉。2012年10月に行われた「第10回全国和牛能力共進会」で、9部門中、5部門で優等賞首席を獲得したほか、第7区の総合評価群で最高位である内閣総理大臣賞と団体賞を獲得し、2大会連続日本一を達成した。

JALは、日本一の宮崎牛を、国際線ファーストクラスに採用し、ミシュラン3ツ星を獲得した「日本料理・龍吟」の山本征治シェフ監修による洋食メインディッシュの一つとして提供する。

1月9日~2月28日の期間は、宮崎牛のフィレに、香ばしく焼いたフォアグラとリンゴを合わせ、ロッシーニ仕立てで提供する。

対象は成田発、ニューヨーク・シカゴ・ロサンゼルス・ロンドン・パリ・フランクフルト線のファーストクラス。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集