三菱商事、フランスで太陽光発電事業に初参画

自動車 ビジネス 企業動向

ツール・ロジエ太陽光発電所
  • ツール・ロジエ太陽光発電所
  • ツール・ロジエ太陽光発電所の所在地
三菱商事は、在フランスのEDFエネルジ・ヌーベル社が同国で保有する「ツール・ロジエ1太陽光発電所」の持分50%を同社より取得すると発表した。フランスで太陽光発電所を保有するのは同社初となる。

ツール・ロジエ太陽光発電所は、フランス北東部ナンシー郊外の旧NATO空軍跡地(敷地面積522ヘクタール)に位置し、発電容量は5万5000kW。同発電所は総事業費約220億円にて2012年5月に建設を完了、フランス電力公社向けに同6月から売電を開始している。

欧州では、CO2削減目標の堅持と国境を越えた送電網の統合に向けた動きが進み、電力の効率的な運用や再生可能エネルギーの普及が加速する見込み。同社は欧州での発電事業推進を狙い、太陽光発電分野では、既に発電所を保有しているスペイン、ポルトガルに加え、本件を契機にフランスに初参入。日射量の豊富な南欧・その他地域にて発電資産の積増しに取り組み、多様な発電所の運営ノウハウを確立していきたいとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集