プノンペンのゴールドタワー42 クレーン撤去…カンボジア

エマージング・マーケット 東南アジア

プノンペンのゴールドタワー42 クレーン撤去…カンボジア
  • プノンペンのゴールドタワー42 クレーン撤去…カンボジア
12月中旬、プノンペンに建築中の超高層ビル「ゴールドタワー42」からクレーンが取り払われた。

韓国企業による24億ドルのプロジェクトだったが、2008年の金融・経済危機を経て資金不足に。2010年の9月に建設作業がストップし、今年入りオーナーと建設サイドの間に仲裁が入っていた。

ボナ不動産取締役で、カンボジア不動産鑑定・仲買業者組合代表のSung Bonnaは「民間企業のプロジェクトだがカンボジアの評価につながる。政府は注意を払い、なんらかの解決策を講じる必要がある」と述べている。

カンボジアでは、新規にビル建設を行う際の、銀行預金の最低基準が存在しない。今後の法整備が求められる。

編集部おすすめのニュース